ヨーロッパと日本の私

ヨーロッパで体験した事、等々

弥生の満月

        3 月10日,火曜日は(満月)です。

満月の2-3日前の夜の空を観て、膨らんでいくお月様)を探すのですが、

日中は晴れているのに、夜空は曇っていて姿を見せてくれません。

天気予報は曇り・雨、しかし、世界のどこかで、今夜の満月は地球を照らします。

 

日本で住むようになり、さまざまな変化にも慣れて、順応して暮らす日々を感謝して

3年が過ぎましたが、ポツンと穴の開いた喪失感があります。

       それは毎月の(満月)を見れない事です。

        f:id:katsukomj:20200303100820j:plain

カナリー諸島の空気は、世界に有名な天文台があるように、澄んでいるから、

毎月の満月は言葉で伝えきれない程、立派な大きな<お月様>です。私は満月の

2-3日前の夜から大変楽しみに待つ習慣を数年続けました。夜空がこれほどに

明るくなり美しいのをドイツでいた時も実感できず、この満月を毎月、毎月見るのが

習慣になった頃、それは同時に亡夫や私の健康状態のチェックでもあるのだと気が

ついたのです。私達が健康なら、テラスに出て、毎月のお月様を満喫できるからです。

それも、両手を伸ばせば、手のひらに載せて声をかけたくなる近さなのです。

パルマの家のテラス、東の山から、夜8時頃、夜空が明るくなり、ソロリソロリと

驚くばかり大きな丸いお月様が現れます。その静けさとドッシリした風貌に私達は

言葉がなくなりつつも知っている童謡、ウサギさんはどこ、と探したりします。

昔、昔から、人々は澄んだ夜空の満月に大きな喜びを感じていたのです。

 

私達の古民家は現地の季節、気候を考慮して1879年に建てられた家で、1979年に

主人が一目惚れして買い受けました。ちょうど100年目に夢の実現を喜んだ主人が

ほんとうに好んで最後まで過ごした家です。その家でくり広がれるすべてのでき事は

充実感で満たされているよう心して、実に<満月>を満喫する心境にもなりました。

あたりを、山、山を明るい光で包んで、お月様はユックリと私達の家の上を移動、

真夜中の3時頃、家を通過し、そして明け方は色あせた姿を海辺近くで見せて

くれました。来月も逢いましょう、、と願うのです。雨が冬期にしか降らない現地

の気候がほんとうに大きな期待を残してくれました。

f:id:katsukomj:20180222101644j:plain

どこか、お伽話のような私達のセㇾモ二ーをある日、ラスパルマスに住む日本人の

ご夫妻に話したら、なんと、そのお二人も毎月の<お月様>の崇拝者でした。

嬉しくて、楽しくて共通の話題になり、長いお付き合いがひと際、新たになりました。

 

満月の時、アラブ系の男性はお酒をたくさん飲む、大潮になれば、出産が増える、

多くの実例があっても、素直に、心静かに、この大自然の営みに感謝していたのです。

 

追伸:10 日、夜10時雨が上がりました。ふとテラスで空を見え上げたら、雲の間に 

   白い丸いお月様がいました。枝だけの大きなケヤキの木と一緒にカメラに

   残しました。

f:id:katsukomj:20200310214759j:plain
f:id:katsukomj:20200310214814j:plain